忍者ブログ
話題沸騰 人気アニメ「らき☆すた」の関連商品を紹介するブログです。
Admin / Write / Res
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

らき☆すた 11 通常版 [DVD]らき☆すた 11 通常版 [DVD]
出演:
角川エンタテインメント
発売日 2008-04-25




『そう君』気流が乱れてうまく飛べないの〜〜☆ 2008-07-04
何といっても22話が私的に最高です!!『かなた』が可愛すぎる!!


そして『そうじろう』のどこに惹かれたのかもよく描写されています!!


第2期やってくれないですかね〜〜〜・・・できれば次回は『白石』は抜きで・・・

パッケージいいなぁ 2008-04-03
この巻に収録される回は2本とも良かったです。

そしてジャケットは通常版もいいですね。

個人的にはサントラのある限定版のほうがお勧めですが

こちらも良さそうです。



京都アニメーションに4名様ご案内 2007-09-21
角川書店・月刊ゲーム雑誌コンプティーク連載/美水かがみ原作の

「らき☆すた」TVアニメ第21,22話を収録したDVD11巻です。

サブカルチャーに精通している人ほど笑えるネタはそのままに

天然とオタクなメンバー勢ぞろいでお話は最後の締めへ収束。

その手の話題についてこれない人はわかりにくいのでご注意を。

しかし、日常のほんのささいながら共感できる話題も満載でゆるりと楽しめます。


第21話「パンドラの箱」★★★★★

 衣替えの秋の季節に「京都」旅行へ。もちろん期待通りの聖地巡礼にも

 抜かりありません。定番ながら、細かい所まで配慮した旅行風景に和みました。

 特に注目は道中、待ち合わせの手紙を受け取った彼女の動揺と緊張。

 ついにロマンス?フラグか!?と画面釘付け必至。側にいる友達の絆の大きさを

 感じられる名(迷?)場面です。そして、ついにキレた白石稔のもはや現実と

 虚構の壁を薙ぎ払った自虐大暴走に爆笑。・・・中の人もキレてませんよね?


第22話「ここにある彼方」★★★★★

 季節は冬。こなたの何気ない一言から始まる父・そうじろうと母・かなたの出会いと

 共に歩んだ歳月を、溢れる想い一杯で描いた場面が感動的です。(まるで最終回・・・?)

 しかし、番組崩壊のらっきー☆ちゃんねると人間ジュークボックスと化した凄い彼、

 声優ネタの次回予告でそれもご破算に(苦笑)。集中力に途切れた面子が織り成す忘れっぽさや、

 就寝、食事の時などあるあるネタがいつも以上に切れ味が増しているのもさすが。

 よく練りこんだ話題満載です。

智代アフター 2007-09-02
第21話 パンドラの箱

  夏服から冬服に変わって相変わらずのまったりネタ

  京都への修学旅行はネタ満載で必見。京アニ本社、スタジオも出てきます。

  かがみに男子から手紙が・・・

  らっきーちゃんねるはとんでもないことに・・・


第22話 ここにある彼方

  題名が伏線になっていてもうこの世にいない人が出てきます。

  いままでの「らき☆すた」とちょっと雰囲気が違うさすが京アニといえる泣きの回

  

いままで2話でこの値段設定はきついところがありましたが

この辺までくると内容的に一遍調子でないので20分が短く感じます。

この巻はほしいところです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

PR
らき☆すた 12 通常版 [DVD]らき☆すた 12 通常版 [DVD]
出演:
角川エンタテインメント
発売日 2008-05-23




美しい学園祭 2008-09-07
 最終話は文化祭、魅せてくれた。

二度と振り返ることの出来ない文化祭を、慣れ親しんだ女

の子キャラ達が通過していく。

どたばたしつつも最後までキャラ個人個人の魅力や属性の一貫性を失うことなく、

文化祭の準備シーンやリハーサルで動き回るキャラクターをみていると、

こっちまで“あー、これっきり一度きりなんだなー”

という気分になってくるわけだ。

これはやっぱり最終回の御利益なんだろうか。

最終回をみている自分達も、こなたやかがみ達も、

この文化祭を通り抜けるのは一度きりなのだ。

引き返せない文化祭、皆で思い出をつくろう、

一つのものをつくろう、

と汗をかくキャラクター達の姿が生き生きと描かれている。

『らき☆すた』はグラフィックの精度的に『ハルヒ』に及ばないけれど、

ストーリー立てや表情づくりで一回きりの文化祭をちゃんと疾走出来るてるんだなと感心した。

チアリーディングの企画から練習に至るシーン、

リハーサルの気分、汗、先生からのジュースのおごり…

こういう出来事は絶対にリピートできっこないし、リピートしないからこそ、

これらには掛け替えのない意味と思い出と体験が宿るわけだ。

萌えキャラである彼女達が、一回きりの文化祭に全力で飛び込み、

高校生活最後のひとときを(なんやかや言いながら)創っていくシーンに、

おっさんな僕は不覚にも感動した(し、おっさんらしく、

自分の学生時代の文化祭やらなにやらの回想にも浸ることが出来た)。

オタがDVDをリピートしようがしまいが関係なく、

こなた達は戻らぬ瞬間を駆け抜けてゆく。

らき☆すた批評リンクhttp://www.geocities.jp/wakusei_2nd/soukatu.html

http://www.geocities.jp/wakusei_2nd/33b.html

http://www.geocities.jp/wakusei_2nd/33w.html





みんみん★みのるん★みの★るんるん★★ 2008-07-04
『ゴットゥーザ様』が恐ろしかったです・・・


「黒い黒いと言われてきたけど、こんなクソつまらない喧嘩の仲裁すんのは初めてだわ!!」


話は変わって、らき☆すたの名セリフ集の結果を集めていたサイトで見ると一番の人気は!!


『バスサミコ酢〜☆』


『つかさ』の萌力は530000です・・・!!

幸運の星、光陰矢のごとし 2007-09-22
角川書店・月刊ゲーム雑誌コンプティーク連載/美水かがみ原作の

「らき☆すた」TVアニメ第23,24話(最終話)を収録したDVD12巻です。

サブカルチャーに精通している人ほど笑えるネタはそのままに

天然とオタクなメンバーの下克・・・いや、祭りは終焉へ。

その手の話題についてこれない人はわかりにくいのでご注意を。

しかし、日常のほんのささいながら共感できる話題も満載でゆるりと楽しめます。


第23話「微妙なライン」★★★★☆

 崩壊したらっきー☆ちゃんねるにゴトゥーザ様降臨!?

 特攻服と木刀片手に二人を仲裁するみくる姉さん、素敵だ。

  (※ちなみにこれで涼宮ハルヒのメインキャスト総出演完了)

 今回、特に見た目と裏腹なみなみのお茶目さと、同人作家として腐りきった

 ひよりの本性が丸裸。こなた、パティや泉そうじろう共々オタクと普通の

 線引きが良く判る物語です。あと、あの動画サイトのコメント形式まで活用されて驚き。


第24話「未定」★★★★☆

 原作者・美水かがみ脚本でお送りする第十六回桜藤祭。

 パティの発案で一堂は結集し、物語はOPチアへ帰着します。

 「ハレ晴れ」を越えるフルver.は一見の価値ありですよ。

 祭りの準備に追われる風景はなぜか寂しく、恥ずかしさの中で見せる

 その優しさと皆で一つのことに打ち込む姿はどこか温かいです。

 また、本編とらっきー☆ちゃんねるが初めて競演する点も要注目。

 最後の最期まで遊び心とパロディネタ満載の楽しさ溢れる仕上がりになっています。

いかほどーーー>_< 2007-09-16
第23話 微妙なライン

 こなたとゆたかが風邪ひいてゆい姉、ひより、パティがお見舞い。

 ゆい姉の「むねはもめば・・」からのひよりの危険な妄想。

 ひよりの本のネタ話。

 今回のみなみはみゆきの母にいじられまくり。みなみ萌えの回。

 まったりながら爆笑なネタが増えた感があります。

 らっきーちゃんねるに残る一人お待ちかねのお方登場・・・声がっちっせぇぇぇ!!


第24話 未定

 最終回、陸桜学園の文化祭「桜藤祭」の話。

 みなみ、ゆたかのヅカ衣装。箪笥にこだわるみゆき。田村兄のちから。

 あのメンツでOPのもってけダンスを桜藤祭のオープニングの出し物にします('-'*

 みんなで一緒に何かをする最後の文化祭。達成感、楽しさ、一緒に貴重な一瞬を

 伴にする喜び、後の寂しさ・・誰しも持っている色あせない思い出、宝石のような宝物です。京アニさん・・そうきましたかw


 脚本の良さは目立ちますねー。

 曲の入り方、表情のタイミングなどの味付けは監督の力ですね。

 通常版買ますかー 


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

らき☆すたOVA(オリジナルなビジュアルとアニメーション) [DVD]らき☆すたOVA(オリジナルなビジュアルとアニメーション) [DVD]
出演:平野綾 /加藤英美里 /福原香織 /遠藤綾
ビデオメーカー
発売日 2008-09-26




普通に面白い。平野ヴォイスは相変わらず最高 2009-10-23
むしろTVアニメ版より何度も見ているくらいである。それにしても平野綾は本当に神である。SOS団カンケーなしにw

らき すたファンは、必見 2009-09-22
らき☆すた を、なんでみているかで、本OVA作品の評価がわかれるかもしれない。


1 女子高生のゆるい日常生活で癒される。

2 女の子の日常生活に共感する話題が多い。

3 アニメの絵が好き。

4 登場人物に共感できる人がいる。

5 出てくる細かい話題に、ピンと来るものがある。

6 声優さんに好きな人がいる。

7 京都アニメーションの作品が好き

8 「涼宮ハルヒの憂鬱」との連動に着目

9 アニメの常識を打ち破る作品に期待

10 上記以外


個人的には、個々の話がやや短く感じました。

もう少し、同じ話題で長くしてほしかった。

できれば、Director's CUT版を作ってほしい。


映像特典は、本編ではないので、特に文句はありません。

個人的には、テレビ放送時よりは内容がよかったと思います。

DVDなのだから、三十路をうたっているのは、全編入れてほしかった。




アニメとしては文句なしだけど実写がねぇ・・・。 2009-07-27
個人的には前半より後半のほうが好きです。

とくにバレーがねぇ・・・。まさかのこなたとつかさとみさおのコラボがもうw

これは7話目ぐらいでの体育祭でも出なかったみさおがやっと出てきた!って感じですね。

(おせえよ!みさおが本領発揮できる時といえば体育じゃないかよ!とずっと思っていましたw)

なにげにかがみが強制的に舞踏会に連れて行かれるときに

そこはなぜかボグシングのリング場でそこになぜかいて

「俺の嫁」的な題詞を発言しているあたりなど、ファンには

とてもおいしいです。ただ、最初でも背景出してほしかったなぁ・・・。

(一応全員出ているけど峰岸に気づかない人もいるかも・・・。)

アニメとしての質はかなり高く、また

細かいところでうけるところとか夢ヲチとかがよかったです。

(聞いてはいけないことを聞いてしまったつかさの顔も)


しかし、最後の実写版が長すぎるのでそこを削ってもっと本編を長くしてほしかったです。

本編も後半もアニメでのエンディングがよかったです。別に白石が嫌いな訳じゃなくて。

番外編として素直に楽しめれば良いと思います 2009-07-26
この1年、ネット上でのいろいろな感想を見聞きしたうえで視聴しましたが、良い意味で映像特典が期待を裏切ってくれました。はからずも、文字通り抱腹絶倒しながら見ました。白石氏のNHKネットスターでの発言ともあいまって、彼のプロ意識の高さが垣間見られます。発売から1年、なぜここまで酷評されてきたのかわかりません。欲をいえば、もう少し良い機材と多数のスタッフを使って、女性声優さんたちを綺麗に撮ってあげればよいのにな、とおもいましたが。

アニメ本編はもちろん抜群の作画です。声優陣の声変わりも、テレビシリーズ全編を通して見た私には気になりません。シナリオはもう少し練れていればよいのにと思う場面もありましたが、これはこれで全体を通してみれば素直に楽しめる水準です。

たしかにラストの不気味な終わり方は賛否両論だと思いますが、私はテレビではできなかった「京アニによる二次創作」の実験だと好意的に受け止めています。OVAなんだからこのくらいの実験はあっても良いと思いますし、テレビでシーズン2を製作することを前提にしているなら私はむしろ、こうしたOVAでは変に売り上げ枚数にこだわらず、このくらいの価格でコアなファンのための(つまりスポンサーや視聴率を最優先にしない)サービスに徹してくれたほうが好感が持てます。


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

らき☆すた in 武道館 ~あなたのためだから~ [DVD]らき☆すた in 武道館 ~あなたのためだから~ [DVD]
出演:平野綾(泉こなた) /加藤英美里(柊かがみ) /福原香織(柊つかさ) /長谷川静香(小早川ゆたか) /茅原実里(岩崎みなみ)
ビデオメーカー
発売日 2009-12-25




買ってから評価して正解。 2009-12-31
アニメイベントのDVDを買うのは初めてですが買って正解でした。

半分以上知らない曲でしたが普通に楽しめましたし

特典映像もあってお買い得だと思います。

キャストが涙して歌えなくなったりある曲での凄い盛り上がり、

アンコールで歌詞が飛んだり等ライヴならではのシーンも良かったです。

一つ上げるとすれば販売されなくてもいいから峰岸あやのの個人キャラソンを作ってあげてもよかったかも・・・

相方さんは3曲であやのが1曲はちょっとかわいそうな気がしたので。


実は発売前のここのレビューで「一部のキャストが目立ちすぎている」との評価があって

少し気になっていましたが実際はそんな事は無く後半その方の出番が多かったのもその間に

本編ラストのあの曲の為の準備や最終チェックをしていたのかなと考えると納得できました。

一部のキャストが見たくないという人も曲ごとにスキップできるので(自分は一度もしませんでしたが)

そういう部分も含めて評価できるという意味でも買ってから採点して正解な作品でした。



素晴らしい! 2009-12-29
もう、白石稔なくして『らき☆すた』は語れない!!
ほんの2〜3年前まで声優業とは別にアルバイトをして生活していた白石さん。
しかし今では、日本武道館に立ち、観客を歌で感動させるまでに成長している…。

自分自身、『恋のミノル伝説』を見た瞬間、鳥肌が立ち、まるでその場で白石さんが歌っているような錯覚を覚えた。

それほどまでに白石稔の歌に感動したのだ。

白石稔の影響で自分自身の人生も変わった。

白石稔に出会う前、『なりたい職業は?』と聞かれたら適当に答えていた自分。
だが、白石稔に出会った後、ひとつの職業を目標としていた。

『声優』である。
------------------------
将来の目標を与えてくれた白石稔、白石稔に出会うきっかけをくれた『らき☆すた』という作品。

この1人と1つの作品にとても感謝しております。

DVDの内容は文句なしの星5つです!!


最後に…今後も、全キャストの皆様、京アニの皆様のご活躍を期待しております。お身体にはお気をつけて。


変に長文、乱文失礼いたしましたm(__)m


幸福なライブイベント 2009-12-27
「らき☆すた」という作品世界と、主題歌をはじめとしたキャラソンが好きな方にはまさに「夢」のような一時を与えてくれるライブDVDです。


ライブの感想ですが、ファン以外の方が見ると音はずしや歌詞の間違いが結構有り、気になる部分でしょう。ただ、アニメのライブイベントは出演者とファンの気持ちが一体になればいいわけで、その意味では最高に幸福なライブイベントとなりました。幸いにも現場にいた私の実感です。

返す返すも残念だったのは遠藤あやさんの欠席で、「もってけセーラー服」の場面では痛感しました。同時に他3人の主要キャラ声優さんのがんばりには賞賛を禁じ得ません。

白石さんの出番の多いのは、歌の巧さと作品への貢献度を考えればムリのない範囲とは思いますが、同じ時間で納めないと行けないとしたら、彼の曲の時間を一曲、かがみの「ケンカ予報の時間だよ」のフル演奏に使って欲しかったですね〜!


DVDそのものは、画面も綺麗で視聴に過不足ない程度。カット割もこの手のライブの標準で見やすくスピーディ、アップと引きの割合は引きがやや多めながら、過不足を感じないレベルかと。

2枚組でこのお値段はお買い得でしょう。

あなたの期待に120%応える内容です! 2009-12-27
出演声優

平野綾、加藤英美里、福原香織、水原薫、相沢舞、長谷川静香、茅原実里、清水香里、ささきのぞみ、前田このみ、西原さおり、平松広和、島本須美、今野宏美、白石稔、杉田智和、後藤邑子、小野大輔、立木文彦、くじら、渡辺久美子、関智一



監督×2+カエル

この豪華メンバーで4時間を超える大ボリューム!

普段は顔をみれない声優さんのコスプレ姿までみられるサービス満点のDVDです。


歌やライブ感もすばらしいのですが、個人的な見所を語るなら水原薫さんのセーラー服のすそから覗く横腹が……ゲフンゲフン


作業妨害BGM間違いなし!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


拍手[0回]

カレンダー
Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

らき☆すた全般検定 powerd by けんてーごっこ

ブログ内検索
Blu-Ray, DVD作品
プロフィール
HN:
高良 楓
性別:
男性
趣味:
フィギアをオリジナル仕様作成
自己紹介:
毎年、ヴィッツの痛車仕様で鷹宮神社に初詣に行き、大宮・春日部・幸手を周遊するのが通例となってます。
最新CM
最新TB
ケータイでblogを見るには
リンクしてくださる方へ
当サイトはリンクフリーとなっており事前のご連絡は必要ありませんので、ぜひ相互リンクお願いします!

■バナーリンクの場合
以下のリンク用バナーを保存してご利用ください。


■テキストによる紹介の場合
【タイトル】らき☆すた ちゃんねる分校
【URL】 http://luckystar.anime-navi.net/
【紹介文】話題沸騰 人気アニメ「らき☆すた」の関連商品を紹介するブログです。
カウンター
アクセス解析
萌えぐっず
Copyright ©  らき☆すた ちゃんねる分校 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]